2015年11月23日に、米Pfizer社がアイルランドのAllergan社を総額1600億ドルもの資金を投じて買収すると発表した。巨額のM&Aの目的は本拠地をアイルランドに移すことによる節税であると報じられ、米政府関係者などから批判の声が噴き出している。この辺りの事情は、World Trendで取り上げたのでお読みいただきたい。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)