DNAのメチル化は遺伝子発現を制御する機構であり、DNA複製のタイミングなど様々な生理的現象や疾患に関係があるとされている。例えば、プロモーター領域のCpG配列を多く含む領域がメチル化されていると、遺伝子の転写が抑制される。癌の発生や進行にも、DNAのメチル化が関係しているといわれる。

この記事は有料会員限定です

会員の方はこちら
2週間の無料トライアルもOK!
購読・試読のお申し込み
※無料トライアルのお申し込みは法人に限ります。(学生や個人の方はご利用いただけません)