若手研究者の肖像(第7回)

東京医科歯科大学・大学院医歯学総合研究科 岡田随象 講師

ゲノム情報を創薬につなげる手法提案、ドラッグリポジショニングにも活用可能
(2015.11.12 03:15)1pt
2015年11月09日号
久保田文

初期臨床研修中に目にした論文をきっかけに遺伝統計学の研究者の道へ。ゲノム情報に多種のデータベースを組み合わせ創薬につなげる手法を提案した。ドラッグリポジショニングにつながる新たなゲノム創薬手法として注目を集めた。

ここから先は「日経バイオテク」「日経バイオテクONLINE」の
有料読者の方のみ、お読みいただけます。

ログイン 購読お申込み

ONLINE法人版無料トライアル(2週間)でも記事の続きがお読みいただけます。
※トライアルのお申込みは「法人(内におけるご担当者の方)」に限ります。

無料トライアルお申込み

PR・告知製品・サービス一覧人材・セミナー・学会一覧