大阪大学大学院理学研究科の梅川雄一助教と山本智也特任研究員(現・理化学研究所基礎科学特別研究員)らは、岡山大学異分野基礎科学研究所の篠田渉教授らとの共同研究により、抗生物質であるアムホテリシン B(AmB)が真菌の細胞膜で形成するイオンチャンネル複合体の構造を明らかにしました。

プレスリリースはこちら