住友重機械工業株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:下村真司、以下「住友重機械」)は、開発中の次世代陽子線治療システムのビーム試験を西条工場(愛媛県)で実施し、所定の照射性能を達成することを確認しました。これにより、陽子線照射時間の短縮、設備導入に必要な建屋体積の低減、患者位置決めのシンプル化を実現します。

プレスリリースはこちら