国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター(NCNP)神経研究所疾病研究第三部 功刀浩(くぬぎひろし、前部長;現・帝京大学医学部精神神経科学講座主任教授)、松野(鈴木)仁美 (同研究部研究員)、惣谷和広 (同研究部前室長;現・佐賀大学医学部准教授)らの研究グループは、持続的にストレスを受けると血液と脳とを隔てている「血液脳関門」の機能が低下する新たなメカニズムを発見しました。

プレスリリースはこちら