北海道大学大学院薬学研究院の松田 正教授らの研究グループは、アダプター分子であるSTAP-2が、免疫応答活性化と、それに伴う自己免疫疾患発症に関与する新たな機能をもつことを見出しました。

プレスリリースはこちら