イリノイ州ノースシカゴ、2022年6月1日(米国時間)-アッヴィ(NYSE:ABBV)は本日、活動性のX線基準を満たさない体軸性脊椎関節炎(nr-axSpA)の成人患者さんおよび生物学的疾患修飾性抗リウマチ薬(bDMARD)で効果不十分であった難治性の活動性強直性脊椎炎(AS)の患者さんを対象としたウパダシチニブ経口投与の第III相SELECT-AXIS 2プログラムの2つの試験から得られた詳細なデータを学会で公表することを発表しました。両試験において、プラセボ群と比較し、主要評価項目である14週時のASAS40(国際脊椎関節炎評価会(ASAS)基準でベースラインから40%の改善)を達成しました。

プレスリリースはこちら