大阪大学大学院基礎工学研究科の境慎司教授、博士後期課程学生のウィルダン・ムバロクさんは、アニサキスなどの線虫表面を厚さ0.01 mm程の柔軟性のある膜でコートする方法の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら