本⽇、当社が⽶国で実施しているCBP501臨床第2相試験ステージ1の3剤併⽤投与群(CBP501+シスプラチン+ニボルマブ(オプジーボ))のひとつにおいて、投与開始から3ヶ⽉を上回る病勢安定(SD。治療前と⽐べ、標的病変の⻑径の合計の増⼤が20%未満・縮⼩が30%未満の状態)1例が確認され、当該投与群で2例⽬の「3ヶ⽉無増悪⽣存」となりました。これによって、当該3剤併⽤投与群が早期無効中⽌とならず、ステージ2または臨床第3相試験へ進むことが確定しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら