ギリアド・サイエンシズ(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダック:GILD、以下「ギリアド」)は、6月4日、内分泌療法とCDK4/6阻害剤および2~4種類の化学療法による治療歴を有するホルモンレセプター(HR)陽性HER2陰性の転移性乳がん患者さんを対象に、医師が選択した化学療法(TPC)との比較によりsacituzumabgovitecan-hziyを評価する第III相TROPiCS-02試験の初期解析において、肯定的な結果が得られたことを発表しました。

プレスリリースはこちら