2022年6月3日、スイス・バーゼル発—本日、ノバルティスは、内分泌療法中または内分泌療法後に進行したホルモン受容体陽性、ヒト上皮増殖因子受容体2陰性(HR+/HER2-)の転移性・進行性乳がん患者において、PIK3CA遺伝子変異を有する腫瘍の異なる遺伝子変異プロファイルは、アルペリシブとフルベストラント併用の治療ベネフィットに影響を及ぼさないというレトロスペクティブなバイオマーカー解析結果を発表しました。2022年米国臨床腫瘍学会(ASCO)年次総会(抄録#1006)で口頭発表された第III相SOLAR-1試験のレトロスペクティブ解析では、ESR1やCDK4/6阻害薬耐性に関与する遺伝子を含むほとんどのバイオマーカーでの遺伝子変異に関係なく、アルペシリブとフルベストラント併用による臨床的ベネフィットが維持されていることが示されました。

プレスリリースはこちら