協和ファーマケミカル株式会社(社長 櫻井隆 、以下 KPC)と、公立大学法人富山県立大学(学長 下山勲、以下 富山県大)は、医薬品の製造工程で反応促進剤として用いることのできる、大豆など植物由来の「環境調和型有機分子触媒」の開発に成功しました。

プレスリリースはこちら