mRNA-1273.214は、ベースラインの血清反応陰性被験者において、Spikevaxの追加接種(50 µg)と比較した場合、オミクロン株に対する中和抗体反応などの第2/3相臨床試験の全ての主要評価項目を達成しました。事前に規定した優越性基準は、信頼区間 1超の下限値で測定した中和幾何平均抗体価比(GMR)で評価しました。その結果、GMRおよび対応する97.5%信頼区間は1.75(1.49、2.04)でした。mRNA-1273.214の追加接種により、オミクロン株に対する中和幾何平均抗体価(GMT)はベースライン値の約8倍に増加しました。祖先ウイルスであるSARS-CoV-2(D614G)に対するGMRは1.22(1.08~1.37)で、主要評価項目である祖先ウイルスSARS-CoV-2に対する非劣性も達成されました。

プレスリリースはこちら