協和キリン株式会社(本社:東京、代表取締役社長:宮本昌志、以下「協和キリン」)とMEI Pharma,Inc.(本社:米国サンディエゴ、社長兼 CEO:Daniel Gold、以下「MEI」)は、本日、B細胞悪性腫瘍の経口薬として開発中のホスファチジルイノシトール 3-キナーゼデルタ(PI3Kδ)阻害剤であるザンデリシブ(開発番号:ME-401)を間歇投与法で評価する国際共同第2相試験(TIDAL試験)のデータ等を2022年欧州血液学会議の口頭およびポスターセッションで発表したことをお知らせします。

プレスリリースはこちら