理化学研究所(理研)脳神経科学研究センター神経老化制御研究チームの綿村直人研究員、西道隆臣チームリーダー、笹栗弘貴副チームリーダーらの共同研究グループは、アルツハイマー病(AD)の初期病理であるアミロイドβペプチド(Aβ)の蓄積を再現し、かつ「βセクレターゼ阻害剤」の効果を正しく評価できるADモデルマウスの開発に成功しました。

プレスリリースはこちら