当社は、本日、当社のデング熱ワクチン候補(TAK-003)が、グローバル臨床第3相試験であるTIDES試験(Tetravalent Immunization against Dengue Efficacy Study )において、ワクチン接種後4年半(54ヵ月)にわたり、ワクチン接種前の血清反応が陽性および陰性をふくむ全体の集団において、デングウイルス感染症による入院の84%およびデング熱の発症の61%を抑制し、安全性について大きな懸念も認められなかったことを発表しましたのでお知らせします。このデータは、2022年6月9日に第8回Northern European Conference on Travel Medicine(NECTM8)において発表されました。今後も複数の学会でデータを報告する予定です。

プレスリリースはこちら