イリノイ州ノースシカゴ、2022年5月23日-アッヴィ(NYSE: ABBV)は本日、ウパダシチニブ(導入療法時用量45mg、維持療法時用量15mgおよび30mg)について、既存治療または生物学的製剤のいずれかで効果不十分、効果減弱または不耐容であった中等症から重症の活動性潰瘍性大腸炎の成人患者さんの治療薬として承認を推奨する肯定的見解を、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)から得たことを発表しました。

プレスリリースはこちら