佐竹マルチミクス株式会社(埼玉県戸田市 代表取締役社⾧ 西岡光利 以下“当社”)は、バイオベンチャーの株式会社ヘリオス(東京都千代田区 代表執行役社⾧ CEO 鍵本忠尚)が開発するヒトiPS細胞から機能を強化したNK(ナチュラルキラー)細胞(ヒトiPS細胞由来遺伝子編集NK細胞)の大量培養の研究開発に協力して基盤となる培養システムを提供し、治験製品製造を予定している神戸医療イノベーションセンター(KCMI)内のヘリオス社の細胞加工製造用施設へ、2022年3月に治験製品製造用シングルユース自動培養システム(VMF-SUB/TCS-EX/SLI-4090)の導入を完了させた。

プレスリリースはこちら