ギリアド・サイエンシズ(本社:米カリフォルニア州フォスターシティ、ナスダック:GILD、以下「ギリアド」)は2月16日、複数の治療歴があり、多剤耐性を有するHIV陽性者を対象に治験中の、長時間作用型 HIV-1カプシド阻害剤であるlenacapavirを評価する進行中の第II/III相CAPELLA試験の1年間にわたる新たな結果を発表しました。これらの結果から、既存治療で効果不十分なHIV陽性者に対して、他の抗レトロウイルス薬との併用療法下でlenacapavirを6カ月ごとに皮下投与したところ、高いウイルス抑制率および臨床的意義のあるCD4 数の増加を達成したことが示されました。高いアンメット・メディカルニーズを有する患者集団において、最適化されたバックグラウンドレジメンとの併用でlenacapavirを投与された被験者の83%(n=30/36)が52週目に検出限界未満のウイルス量(50 copie/mL 未満)を達成しました。このデータは、第29回レトロウイルス・日和見感染症会議(オンライン CROI2022)で発表されました。

プレスリリースはこちら