グラクソ・スミスクライン(本社:英国、以下GSK)と英オックスフォード大学は、5年間の大規模共同研究を実施するための「Oxford-GSK 分子コンピューター医学研究所(Oxford-GSK Institute of Molecular and Computational Medicine)」を設立することを発表しました。オックスフォード大学を拠点とする本研究所は、ヒト遺伝学から得られた見識に基づき、機能ゲノミクスや機械学習などの先端技術を活用して、新薬の研究開発の成功とスピードを向上させることを目的としています。

プレスリリースはこちら