米国政府は、1月12日、COVID-19の曝露前予防を適応とする長時間作用型抗体の併用療法である、アストラゼネカのEvusheld(チキサゲビマブとシルガビマブの同梱製剤、開発コード:AZD7442)の追加購入を発表しました。50万回分の追加供給は2022年の第1四半期に行われる予定です。これは、以前に合意された、米国政府とのEvusheld 70万回分の購入契約に追加されるものです。

プレスリリースはこちら