2021年12月20日、スイス・バーゼル発 — ノバルティスは本日、Ociperlimab(BGB-A1217)に関してBeiGene社とオプション・提携・ライセンス契約を締結し、がん免疫領域における研究開発活動を拡大することを発表しました。Ociperlimabは、TIGIT(T cell immunoreceptor with immunogloblin and ITIM domains)というタンパク質受容体を遮断する新規クラスの抗がん剤として後期開発段階にあるTIGIT阻害薬です。Ociperlimabは現在、肺がんを適応とする2つの第III相臨床試験で評価が進められており、その他の広範な固形腫瘍を適応とした新たな試験も進行中です。

プレスリリースはこちら