2021年12月9日、国立研究開発法人 国立国際医療研究センター(略称:NCGM)臨床研究センターは、アジア地域における臨床研究・治験実施体制の基盤整備を目的とした「アセアン 東アジア国際共同臨床研究アライアンス、ARO Alliance for ASEAN & East Asia(以下 ARISE、アライズ)」を発足しました。ARISEは、迅速かつ低コストの医薬品・医療機器開発の実現に向け、これまでにNCGMが構築してきたアジアでの協力関係を基盤にした、アジア圏における臨床研究基幹施設のネットワークです。NCGM臨床研究センターは、日本医療研究開発機構(略称:AMED)の補助事業により支援を受けてこの取組を開始しました。

プレスリリースはこちら