学校法人北里研究所(本部:東京都港区、理事長:小林 弘祐、以下「北里研究所」)と大日本住友製薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:野村 博、以下「大日本住友製薬」)は、このたび、両者の共同研究を通じてカルバペネム耐性菌感染症治療薬を目指して創製された KSP-1007(開発コード、以下「本剤」)のフェーズ1試験を大日本住友製薬が米国で開始しましたので、お知らせします。

プレスリリースはこちら