慶應義塾大学医学部皮膚科学教室の入來景悟共同研究員(研究当時:大学院生)、高橋勇人准教授、天谷雅行教授らの研究チームは、自身の表皮蛋白を攻撃するT細胞をリンパ節で排除する新たな機構を明らかにしました。

プレスリリースはこちら