NK細胞を用いるがん免疫細胞療法の普及を推進するリンパ球バンク株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長 原田 広太郎)が運営する細胞培養センターを利用し、ANK療法を提供する医療法人えびのセントロクリニック(宮崎県・えびの市)副院長 長井 賢次郎医師、医学博士らが論文投稿し、世界5大医学雑誌の一角を占めるBritish Medical Journal(BMJ)に掲載されました。

プレスリリースはこちら