大鵬薬品工業株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:小林将之、以下「大鵬薬品」)と米国の Arcus Biosciences社(アーカスバイオサイエンシス社、以下「Arcus社」)は、Arcus社が開発中の抗TIGIT抗体 domvanalimab(開発コード:AB154)およびAB308に対して大鵬薬品が日本とアジア(中国と一部の地域除く)で独占的に開発・販売する権利を取得したことをお知らせいたします。これは、2017年9月に両社が締結したオプション契約に基づき、大鵬薬品がオプション権を行使したもので、2018年のetrumadenant(アデノシン受容体阻害剤、開発コード:AB928)、2019年のzimberelimab(抗PD-1モノクローナル抗体、開発コード:AB122)に次いで3回目の行使となります。

プレスリリースはこちら