慶應義塾大学医学部微生物学・免疫学教室の吉村昭彦教授らの研究グループは、疲弊したT細胞を若返らせ強い抗腫瘍効果を持つT細胞へと転換する簡便な方法を開発することで、より効果的な CAR-T 療法を実現可能としました。

プレスリリースはこちら