2021年9月24日、本学病理学講座免疫病理分野の小坂朱講師、大栗敬幸准教授、小林博也教授の研究論文がRockefeller University Press 社の科学雑 誌 Journal of Experimental Medicine(https://rupress.org/jem)のホームページに速報として掲載されました。正式には11月号に掲載される予定です。
本研究は、癌細胞の免疫逃避機構の抑制と免疫系の活性化を組み合わせた新しい癌免疫治療法の有効性を乳癌マウスモデルを用いて明らかにしたもので、北海道大学遺伝子病制御研究所の北村秀光准教授との共同研究として行われました。

プレスリリースはこちら