順天堂大学大学院医学研究科 血液内科学の安藤美樹 教授、原田早希子 助手、小松則夫 特任教授と東京大学医科学研究所 幹細胞治療部門の中内啓光 特任教授らの共同研究グループは、キメラ抗原受容体とT細胞受容体の2つの受容体を持ち、同時に2つの抗原を標的にできるiPSC(iPS細胞)由来2抗原受容体T細胞(Dual antigen receptor rejuvenated T cell; DRrejT)の作製に成功しました。この2つの受容体を持つDRrejTは1つの受容体しか持たない従来のT細胞に比べ、難治性の悪性リンパ腫に対して強力な抗腫瘍効果と生存期間延長効果を示すことを証明しました。さらに、DRrejTが生体内でメモリーT細胞として長期生存することも確認しました。これらの成果により、iPSC技術を活用したDRrejTは、難治性リンパ腫に対して迅速、高効率、かつ持続的な抗腫瘍効果を有し、画期的な治療法となる可能性があります。本研究は米国遺伝子細胞治療学会雑誌であるMolecular Therapy オンライン版に掲載されました。

プレスリリースはこちら