富士フイルム和光純薬株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:白木 一夫)は、(1→3)-βD-グルカン(以下、β-グルカン)の測定時間を大幅に短縮する発色合成基質法 LAL(カブトガニ血球抽出物)を用いた測定試薬「β-グルカン シングルM30テストワコー」(体外診断用医薬品)と微生物由来成分分析装置「リムセイブ MT-7500」を、本日より発売します。

プレスリリースはこちら