愛知県がんセンター分子診断トランスレーショナルリサーチ分野の田口歩分野長(兼国立大学法人東海国立大学機構名古屋大学大学院医学系研究科先端がん診断学連携教授)の研究グループは、名古屋大学大学院医学系研究科呼吸器内科学(田中一大病院助教:共同筆頭著者、長谷川好規名誉教授)、同大大学院医学系研究科呼吸器外科学(芳川豊史教授)、MDアンダーソンがんセンターとの国際共同研究により、肺腺がんの予後不良なサブタイプであるTTF-1陰性肺腺がんで、高悪性化をきたす分子生物学的メカニズムを詳細に解明しました。

プレスリリースはこちら