順天堂大学大学院医学研究科・臨床病態検査医学の田部陽子 教授、齋藤香里 研究員らと米国 MD Anderson がんセンターのMarina Konopleva 教授らは国際共同研究により、白血病細胞が周囲の細胞に働きかけることで自らのミトコンドリアの機能を回復させることを明らかにしました。今回の研究では、ミトコンドリアでの呼吸が阻害され白血病細胞が、周囲の細胞から直接ミトコンドリアを受け取ることや、自身のミトコンドリアの分裂を促進させて機能を高めることにより、生存に必要なエネルギーを作り出すことを発見しました。本研究により抗がん剤治療後に骨髄の中に残存する白血病細胞がエネルギーを得る仕組みを明らかにしたことで、このプロセスを阻止する新たな治療戦略が立てられるようになり、白血病の再発を阻止する治療法の開発に役立てられることが期待されます。本研究は、米国の学術雑誌「Blood Advances」のオンライン版に掲載されました。

プレスリリースはこちら