米国研究製薬工業協会(PhRMA)は、2021年9月13日に厚生労働省による医薬品産業ビジョン2021発表を受け、その内容に、薬価制度の透明性・予見性の確保への配慮、内資系・外資系企業を問わず日本市場へ投資を呼び込むための環境整備、官民協働でのフォローアップが明記されていることから、今回策定された新医薬品産業ビジョンを歓迎する意向を表明しました。

プレスリリースはこちら