株式会社ヤクルト本社(社長 成田 裕)と、東京都健康長寿医療センター研究所は、群馬県吾妻郡中之条町(以下、中之条町)に在住の高齢者を対象に、腸内細菌叢の経時変化と、乳酸菌ラクチカゼイバチルス パラカゼイ シロタ株(以下、L.パラカゼイ・シロタ株)を含む乳製品の習慣的摂取が腸内細菌叢の変化に与える影響を疫学的に調査しました。その結果、以下の2点が明らかとなりました。

プレスリリースはこちら