当社は、このたび、臨床第3相PANTHER試験(Pevonedistat-3001)において、主要評価項目である無イベント生存期間(EFS)について、事前に規定した統計学的に有意な延長を達成しなかったことをお知らせします。本試験では、高リスク骨髄異形成症候群(MDS)、慢性骨髄単球性白血病(CMML)および低芽球性の急性骨髄性白血病(AML)の患者さんを対象に、ファーストライン治療としてpevonedistatとアザシチジンの併用療法とアザシチジン単剤療法を比較しEFSの延長を評価しました。この試験におけるEFSの定義は、高リスクMDSまたはCMML患者さんでは死亡またはAMLへの移行のいずれか早い方までの期間、AML患者さんでは死亡までの期間としています。

プレスリリースはこちら