本学大学院保健学研究科 藤垣英嗣講師、山本康子准教授、齋藤邦明教授らの研究グループは、国立感染症研究所、富士フイルム和光純薬株式会社、富士フイルム株式会社との共同研究により、新型コロナウイルスワクチン(ファイザー社)を接種した本学教職員219名全員の血液中の抗体がワクチン接種後に上昇したことを確認しました。詳しく分析した結果、1回目接種後よりも2回目接種後に抗体量が大幅に上昇することを明らかにしました。また、男性は女性よりも抗体の量が少なく、特に男性は年齢が高いほど抗体の量が少ないことがわかりました。さらに、血液中の抗体の量が多いほどウイルス中和活性が高くなることを明らかにしました。

プレスリリースはこちら