当社は、このたび、バーチャルで開催される2021年国際血栓止血学会(International Society on Thrombosis and Haemostasis Congress:ISTH)において、12の抄録のうちの1つである遺伝子組換えフォン・ヴィレブランド因子(rVWF)製剤の定期補充療法の有効性および安全性を検討した臨床第3相試験の結果の発表についてお知らせします。希少な出血性疾患に苦しむ患者さんの予後を改善したいという当社のコミットメントの一環として、これらの抄録の一部では、出血予防投与としての使用について検討しています。

プレスリリースはこちら