テクノロジーで世界の「聞こえ」の課題に取り組み、スマートフォンアプリで「音の最適化」ができる聴覚サポートイヤホンを開発・販売している株式会社Olive Union(以下 Olive Union、本社:東京都目黒区、代表取締役:Owen・Song)は、高齢者や、幅広い世代に専門的医療を提供する「順天堂大学医学部附属順天堂東京江東高齢者医療センター耳鼻咽喉科」において、聴覚サポートイヤホン「Olive Smart Ear(以下、オリーブスマートイヤー)」の展示と実機紹介が開始されました。Olive Unionは超高齢社会における「聞こえ」の課題を、ヘルスケア×ITによって解決するのみならず、これまでにない耳領域のデジタル・トランスフォーメーションの提案と医療機関との連携に取り組み、より一層、「聞こえ」の課題解決に貢献します。

プレスリリースはこちら