当社は、このたび、Moderna社ならびに厚生労働省とModerna社の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)mRNAワクチンを追加で早ければ2022年初頭から5,000万回接種分を輸入し、日本において供給することに合意しましたのでお知らせします。本合意には、Moderna社による開発が成功し、厚生労働省より製造販売の承認が得られた場合には、新型コロナウイルスの変異株に対応するワクチンや追加接種に用いるワクチンを日本国内へ供給する可能性も含まれています。

プレスリリースはこちら