横浜市立大学大学院医学研究科 免疫学 藩(ばん)龍馬(たつま)助教、菊地 雅子(大学院生)、佐藤 豪 特任助教、田村 智彦 教授らの研究グループは、同 発生成育小児医療学、同 幹細胞免疫制御内科学、東京大学、沖縄科学技術大学院大学、エーザイ株式会社と共同で、全身性エリテマトーデス(SLE)における転写因子IRF5の阻害が現行治療法の限界を克服した新たな治療法となる可能性を患者検体と動物モデルを用いた実験により証明しました。本研究成果は国際科学雑誌「Nature Communications」に掲載されました。(日本時間2021年7月19日19時)

プレスリリースはこちら