順天堂大学大学院医学研究科 細胞・分子薬理学の小林 琢也 特任研究員、呉林 なごみ 客員准教授、村山 尚 准教授と東京慈恵会医科大学・分子生理学講座の山澤 德志子 准教授らは、国立精神・神経医療研究センター、東京医科歯科大学、Mount Sinai Medical Center、University of Leeds、京都大学、大阪大学と共同で、1型リアノジン受容体(RyR1)選択的阻害物質であるCpd1が、悪性高熱症および重度の熱中症に対して優れた治療効果を持つことを明らかにしました。本研究では、Cpd1が悪性高熱症のモデルマウスにおいて発症予防および治療効果を持つこと、既存薬に比べて水溶性が高く、血中半減期が短いことを確認しました。本成果は、Cpd1がより安全な悪性高熱症治療薬の有望な候補であることを示しています。本研究成果は、英国科学雑誌「Nature Communications」のオンライン版(日本時間2021年7月13日)で公開されました。

プレスリリースはこちら