塩野義製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:手代木 功、以下「塩野義製薬」)とThe Global Antibiotic Research and Development Partnership(本部:スイス、ジュネーブ、代表: Manica Balasegaram、以下「GARDP」)、Clinton Health Access Initiative(本部:米国マサチューセッツ州、CEO:Iain Barton、以下「CHAI」)は、低中所得国において治療選択肢が限られる薬剤耐性(antimicrobial resistance: AMR)感染症の患者に対して、必要とされるセフィデロコルへのアクセスに関する基本合意書を締結しましたので、お知らせいたします。

プレスリリースはこちら