ニュー・ジャージー州ニューブランズウィック(米国時間2021年7月1日)- ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE: JNJ)(以下、当社)は本日、当社の1回接種COVID-19ワクチンが、急速に拡大するデルタ変異株およびその他流行が多く認められているSARS-CoV-2ウイルス変異株に対して強力かつ持続的な活性を示したデータを発表しました。さらに、免疫応答の持続性は、これまで評価されてきた期間である、少なくとも8カ月間持続することが示されました。プレプリント(査読前原稿)の研究概要2つが本日、bioRxivに投稿されました。

プレスリリースはこちら