北海道大学大学院歯学研究院の樋田京子教授、間石奈湖助教、同大学院歯学研究科博士課程(研究当時)の鳥居ちさほ氏、川本泰輔氏、北海道大学病院の樋田泰浩准教授、熊本大学の南 敬教授、東京医科大学の落谷孝広教授らの研究グループは、癌細胞が分泌するエクソソームに含まれるmiRNAによって腫瘍血管のIL-6産生が増加し、抗癌剤耐性が誘導されることを初めて明らかにしました。

プレスリリースはこちら