岡山大学学術研究院医歯薬学域(医)・岡山大学病院整形外科学分野の藤原智洋助教、尾﨑敏文教授、岡山医療センター整形外科の横尾賢医師らのグループは、軟部肉腫の一つである滑膜肉腫から分泌されるエクソソームのタンパク質解析から、その表面に高度に発現するモノカルボン酸トランスポーター1(monocarboxylate transporter 1: MCT1)を特定し、患者の血液を流れるMCT1陽性エクソソームの量が体内の腫瘍量と相関していることを発見しました。

プレスリリースはこちら