岡山大学学術研究院自然科学学域(工)高分子材料学分野の内田哲也准教授と同大学院自然科学研究科博士後期課程の山下功一郎大学院生(当時)と同学術研究院ヘルスシステム統合科学学域(医)生体機能再生再建医学分野(眼科)の松尾俊彦教授は、カナダ、トロント大学(University of Toronto)工学部(Faculty of Applied Science & Engineering)のWilly Wong教授との国際共同研究を行い、光電変換色素薄膜型人工網膜(OUReP™)が出力する電位に関してシミュレーション研究の成果を発表しました。本研究成果は令和3年5月5日、英国の神経工学に関する論文誌「Journal of Neural Engineering」に掲載されました。

プレスリリースはこちら