国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の新興・再興感染症に対する革新的医薬品等開発推進研究事業において、国立感染症研究所治療薬・ワクチン開発研究センター(高橋宜聖センター長、森山彩野主任研究官、安達悠主任研究官)と同研究所抗体検査チーム(チーム長 鈴木忠樹部長)は、東京品川病院(佐藤隆研究センター長、新海正晴治験開発・研究センター長)と共同で、COVID-19回復者での中和抗体の質が時間と共に向上することを発見しました。

プレスリリースはこちら