大塚製薬株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:井上 眞、以下「大塚製薬」)は、コニカミノルタ株式会社(本社:東京都、代表執行役社長 兼 CEO:山名昌衛、以下「コニカミノルタ」)が独自で開発した表面プラズモン共鳴励起増強蛍光分光(SPFS:Surface plasmon field-enhanced fluorescence spectroscopy)技術を用いた新規高感度バイオマーカー測定技術について、コニカミノルタから譲受する契約を締結しましたので、お知らせいたします。(金額は非開示)

プレスリリースはこちら